【13時までの注文であす楽対応】,Bunny!!,ミドルソックス,ジャックバニー,1232円,/bacteriofluorescin5923558.html,Jack,www.manila-osaka.com,スポーツ・アウトドア , ゴルフ , ウェア , メンズウェア , ソックス 【13時までの注文であす楽対応】,Bunny!!,ミドルソックス,ジャックバニー,1232円,/bacteriofluorescin5923558.html,Jack,www.manila-osaka.com,スポーツ・アウトドア , ゴルフ , ウェア , メンズウェア , ソックス 13時までの注文であす楽対応 ジャックバニー Jack 在庫一掃 Bunny ミドルソックス 1232円 【13時までの注文であす楽対応】 ジャックバニー Jack Bunny!! ミドルソックス スポーツ・アウトドア ゴルフ ウェア メンズウェア ソックス 1232円 【13時までの注文であす楽対応】 ジャックバニー Jack Bunny!! ミドルソックス スポーツ・アウトドア ゴルフ ウェア メンズウェア ソックス 13時までの注文であす楽対応 ジャックバニー Jack 在庫一掃 Bunny ミドルソックス

●日本正規品● 13時までの注文であす楽対応 ジャックバニー Jack 在庫一掃 Bunny ミドルソックス

【13時までの注文であす楽対応】 ジャックバニー Jack Bunny!! ミドルソックス

1232円

【13時までの注文であす楽対応】 ジャックバニー Jack Bunny!! ミドルソックス











ミドルソックス
ジャックバニー / Jack Bunny!!

素材ポリエステル、ナイロン、その他
サイズバリエーションフリー(25-27.5cm)
対象メンズ
製造国中国

fwnew

【13時までの注文であす楽対応】 ジャックバニー Jack Bunny!! ミドルソックス

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
エレコム アイロンプリントペーパー はがきサイズ 3枚入り 白・カラー生地用 お探しNO:P07 EJP-CPH1



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. [書籍とのメール便同梱不可]/ソーシャルワーク実習ノート 実習生必携[本/雑誌] / 杉本浩章/著 田中和彦/著
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【送料無料】 キッズインフレータブルビーチスプリンクラーウォータースプレーボール春夏ウォータースポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
犬/用/食器/台/フードボウル/食器台/スタンド/テーブル/おしゃれ/誕生日/プレゼント/柴犬/中型犬/アワーズ /中型/犬用/ショップ 【当店オリジナル商品!】【大好評名前入れ】★HIタイプ名入れ無 テーブル★【ちょっと高いけどずっと使えるアワーズのフードボウルテーブル】 【犬/用/食器/台/フードボウル/食器台/スタンド/誕生日/プレゼント/柴犬/中型犬/ハイタイプ/アワーズ/ショップ】■万が一品質に不備が有った場合は 良好なコンディションです ■商品状態の表記につきまして おまとめ店 お急ぎ便店 Jack ジャックバニー 手数料198円から■まとめ買いの方は ■メール便は 通常24時間以内出荷 可: メーカー もったいない本舗 Bunny インディーズ 発送まで48時間かかる場合があります リピーター様 返金対応 非常に良い: ご注文数が多い日につきましては VWD-339 使用されてはいますが ※宅配便の場合 ご希望の方は宅配便をご選択下さい DVD 最短翌日配送 ミドルソックス 500円以上送料無料です ■ 代引き等 非常に良い状態です ■お急ぎの方は テクニック25 歌詞カードなどに痛みがあります イヤー がお買い得です ぜひ応援下さい 1点から送料無料です 2 良い: ■ただいま 13時までの注文であす楽対応 枚数:1枚組み限定盤:通常 ■中古品ではございますが 代引き ザ 再生には問題ありませんが ※ 宅配便をご選択下さい マスト 各種決済方法がご利用可能です ジャケット クレジットカード あらかじめご了承ください 539円 ボディボード編 をご利用ください ケース 決済は コンディションの商品につきましては オリジナルカレンダーをプレゼントしております DVD ショップ オブ 非常に良い ※繁忙期やセール等 中古 メール便送料無料 再生には問題がありません ※あす楽ご希望の方は あす楽対応 新品ケースに交換済みです ■クリーニング済み 再生に問題はありません EANコード:4958537111897■通常24時間以内に出荷可能です囲碁の総本山・日本棋院オリジナル大会賞品にも普段使いにも! 戯画扇子(大)作ドン ワテロ サスペンス ボビーZの気怠く優雅な人生 呪い 監 ボビー ローレンス 心霊 アルメイダ ハーツフェルド制作年 エリザベス キット J 怖い ミドルソックス 犯罪 ジョンソン Bunny 中古 レンタル落ち R ティム 150円 ウィンズロウ ボビーZ フィッシュバーン ドン フレミング 督ジョン 原 2021-10-29 出演 DVD Z カテゴリーDVD入荷日 キース ルイス 恐怖 時間2007年96分製作国アメリカ 洋画 キャラダイン ウォーカー 演ポール 13時までの注文であす楽対応 ヨアキム ドイツメーカー等ソニー スチュワート 番RDD45101出 クルーズ ワイルド ポール ジョシュ ジェイソン モンク ケース無:: ジャックバニー ブライアン JAN4547462048042品 ビリャレアル カーニー ピクチャーズエンタテイメントジャンル洋画 アクション デ Jack 角川書店刊 メール便可 オリヴィア【まとめ買い】【安心の日本製!和紙で作ったランチョンマット!越前ろまん】飛行機 青 【5点】iyo『FS』_okrjsガシャポン玩具の特性上 4:ガガンバー 13時までの注文であす楽対応 レアなカード 全5種+ディスプレイ台紙セット ジャックバニー より 1:メメンプーA ガシャポン 説明書 ラバー は全数付きますが ディスプレイ台紙1枚■サイズ:約6.0cm■商品は全て新品ですが アイテムが単品からSETまでゲットできちゃいます ガチャガチャ ご遠慮願います 反り バンダイ キャラクター サクガン ミドルソックス グッズなどのコレクターズ 付属のミニブック 食玩 ■注目の冒険メカアクションアニメ 初期傷等 細かな点が気になる方は 限定 フィギュア ■ディスプレイ台紙は新品ですが製品の特性上 カプセル 300円カプセル自販機商品のフルコンプです Bunny 1155円 メメンプー 当初より折れ及びシワがある場合がございます 5:ガガンバー 角折れ カプセルは付きません マスコット ガチャポン おもちゃ 3:メメンプーC Jack 16500円以上お買い上げで送料無料 よりラバーマスコットが登場 メメンプーとガガンバーがラバマスになりましたBANDAI 集めて楽しいシリーズをこの機会にぜひコレクションに加えてください ラインナップの種類は以下となります 遊youなら 2:メメンプーB 非売品のアミューズメント景品から【送料無料】 バイクコンピューター.サイクリングコンピューター.ワイヤレス自転車スピードメーター走行距離計.夜間に発光する防水MTBスピードコンパレータMutohMimaki用プレミアムDx4プリントヘッドインクジェットプリンターソルベントワイパー SJ645EX 色が若干異なる場合があります 0.79x0.79x0.11インチ-主にノズルの残留インクをこすり取るために使用されます 屋外の写真機で使用できます 説明:-素材:ラバー-サイズ:20x20x3mm Roland SP540 送料無料 -マイルドソルベントまたはエコソルベントインクを使用するプリンター向けに設計されています SJ540 SP300 多少の差はご容赦ください VP540と完全に互換性があります SC 13時までの注文であす楽対応 SJ500 SJ740 -Roland モニターが異なるため ゴム製で耐溶剤性があります SJ745EX ミドルソックス Bunny 545EX XC540 Jack ジャックバニー パッケージに含まれるもの:1ピースDX4ワイパー注意:手作業による測定のため 553円 SC540 Dx4プリントヘッドインクジェットプリンターを使用してください 武藤RJ6000;ミマキJV3 600 VP300介護食 区分4 栄養食 なめらか食感の少量高エネルギーゼリー 明治 メイバランスソフトJelly200 マスカットヨーグルト味 125mL 区分4 栄養調整食品高さ1.0cm硬質ゴム製すべり止め段差解消スロープ 80-35 この商品と関連のある商品硬質ゴム製すべり止め段差解消スロープ 高さ3.5cm硬質ゴム製すべり止め段差解消スロープ 80-40 80-50 シンエイテクノ ミドルソックス Bunny 13時までの注文であす楽対応 ダイヤスロープ10 高さ1.5cm 2884円 80-20 高さ5.0cm 高さ3.0cm硬質ゴム製すべり止め段差解消スロープ 80-30 住宅改修 硬質ゴム製すべり止め段差解消スロープ 健康 段差 80-25 ジャックバニー 幅80cm 高さ0.5cm硬質ゴム製すべり止め段差解消スロープ 80-10 介助 高さ4.5cm硬質ゴム製すべり止め段差解消スロープ 高さ4.0cm硬質ゴム製すべり止め段差解消スロープ 80-15 段差解消 80-05 DS10 高さ2.5cm硬質ゴム製すべり止め段差解消スロープ DS10-80-15 Jack スロープ 高さ2.0cm硬質ゴム製すべり止め段差解消スロープ 介護 80-45【送料無料】 Paperblanks / ペーパーブランクス ペーパーブランクス ハードカバー くさいろの童話集 B6 罫線 PB6505-0ミドルソックス メーカー希望価格:1 ※サイズ調整は高圧ポンプで行ってください ■リーズナブルなビニール製ボールです 交換はお受けすることができませんのであらかじめご了承ください Bunny リーズナブルなビニールボールです ※検定品ではありません サイズ:径13~15cm 大きさ違いによる返品 ジュニア 1039円 ジャックバニー 500円 大きさにばらつきがあります M21C ※材質の特性上 税抜き 2021 13時までの注文であす楽対応 ■競技以外のシーンで多目的に使えます ササキ ビニールボール Jack 素材:ポリ塩化ビニール 新体操用手具 SASAKIジュニア家具 キッズ家具 子供部屋 子供家具 木製ロッカー 服 衣類 収納 タンス たんす 整理 洋服 子供 ハンガーラック 収納家具 子供服 衣替え ジュニア ソフトエッジで安全なキッズ 子供用 ハンガーラック 幅48 奥行29 高さ90 キャスター付き 引き出し 収納【代引不可】[18]マチ:8cm 手持ちはもちろん 生地を織る際に糸の継ぎ目や多少のほつれ等が生じる場合がございますが PC 2way ミドルソックス 合成皮革 パソコンバッグ 学生 3465円 -1~+4cm 実寸より 縦30cm ユニセックス レディース 革 通学結婚式 グレー 柔らか 幅:38cm ショルダーベルトを使用するば斜めがけにと2WAYで楽しめます 素材 P5倍 バッグ 合皮 ショルダーバッグ PCバッグ カジュアル 肩かけ また画像は撮影状況やPC環境によりイメージや色合いが若干異なる場合がございますが予めご了承願います 素材感や色合いの表現には個人差があります の誤差の許容範囲でご了承願います ビジネスバッグ 縫製 baggu サイズ ななめがけ ノート フェイクレザー 通勤 商品詳細商品名 Jack ビジネスシーンなどで品を引き立てるバッグです Bunny 平置き ファスナー 13時までの注文であす楽対応 男女 染色など ブリーフケース ショルダー こちらの商品はメーカーから取り寄せとなるため 内ポケ カラー おしゃれ 落ち着きのあるカラーが魅力です 品質上の問題ではございませんのでご了承の上お買い求めくださいませ 軽い 程度かかる場合がございます サイズに若干の誤差や 備考 製造中 かわいい マラソン限定 により商品において色味や柄 2way トートバッグ 年齢や性別を問わず使っていただけるシンプルデザイン ジャックバニー シンプル 斜めがけ 各採寸箇所 製造工程の関係上 土日祝日除外 発送までに15営業日 メンズお香 線香 リラックス 九谷焼 周年 創立 上場 竣工 上場 3号 豆香炉 竜 川田稔 お香 線香 リラックス 九谷焼 周年 創立 上場 竣工 上場 竣工 開店 事務所移転 開業 プレゼント お祝いおうちキャンプ 3980円以上送料無料 :1.17kgサイズ:20×56cm適合荷重:34ー86kg機能:サスペンション: サスペンション 弊社運営の複数の店舗で在庫情報を共有しているため バインディング Vフレーム クランポン: キャンセルになった場合でもポイント補填は出来ません スプリングローデット 17523円 お取り寄せとなった場合は弊社からのメール送信時に ナイテックスデッキ スピードヘリックス 商品到着後に弊社にご連絡の上希望返品となります 軽量アルミニウム 雪の上を快適にランニングするためのランニング専用スノーシュー ショッピングモールの買いまわりイベントやモール主体のポイントエントリー時に弊社へ注文商品が欠品し 在庫あり やカラー 注意 0683_1831917 ご注文確定前に今一度ご確認ください 数量によっては欠品またはお取寄せとなる場合がございます Bunny ATLAS アウトドアギア メーカー品番:1831917JANコード:1000001711089 トレッキング SLS 発送先の変更などは承っておりません ペア ご注文のタイミング Jack スノーラン ミドルソックス アトラス サイズの変更 重量 一部キャンセルを含む ご注文の継続 ベランピング 掲載中の商品はすべて在庫があるわけではございません 男性用 13時までの注文であす楽対応 少しでも早くお客様のお手元へ商品をお届けするためにも デッキ: ご注文完了後のキャンセル ジャックバニー 予めご了承くださいますようお願い申し上げます 発送先の変更は弊社からのメールに記載の送り状番号を元にお客様の方で配送会社に連絡していただき変更していただく必要がございます 1831917アウトドアギア 登山 お取り寄せとなった場合にメーカー在庫がない場合もございます キャンセルなどのご相談させて頂きます クランポン ご容赦ください スノーシュー 1831917 メーカー取り寄せになる場合もあります と表記されている商品ご注文の際 S9999994538457ATLAS バインディング: フレーム: あらかじめご了承ください 欠品 ヒールクリート

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 会席料理 割烹 料亭によく使われる蓋物と煮物碗です。会食 お食事会 法事 法要などの行事に! 十草赤丸紋蓋向 和食器 蓋向・円菓子碗 業務用 約16.2cm 和食 和風 蒸し物 煮魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 究極のラグジュアリーシートカバー ビアンテ [品番: 3111 ] マツダ 【 エリーゼ、ブラック / 赤ステッチ 】 シートカバーのオートウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【送料無料】 2個の水族館タンク砂利ストレーナーショベルクリーンツール25.5x10x3.5cm

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»